不動産を登記する理由

不動産登記は慣れない人には大変に面倒な手続きです。申請をしたいと思う個人でも届出は可能ですが、定められている書式通りに上げるのは簡単なことではありません。登記は権利移動が行われたときに同時に行うものとされていますが、一部を除き義務とはされていません。基本的には、当事者の申請があって初めて行われることになっています。
登記の一部の種類については、登記官が職権によって登記します。職権による登記では特に当事者からの申請を受ける必要はなく、役所の事務手続きとして行われます。また、登記申請が行われるときには、登録免許税を収めなくてはならないことになっています。
登記はすべての場合において義務付けられているわけではないので、特にメリットがない場合には特に行わなくてもよいということになっています。しかし土地の購入などを行った場合にはほとんどの人が登記を行います。これは、不動産登記をすることで権利変動を第三者に対して対抗できるようになるという、法律的な効果を得るためです。
登記のない不動産物件であっても、通常使用をすることは可能です。ですが、悪意を持った売主が別の第三者に同じ物件を売却し、その第三者が先に登記を済ませてしまった場合には、登記のある人に対して権利があるものと判断されてしまいます。のちのトラブルを避けるためにも、やはり不動産物件の権利変動が起こったときには、登記を行うことは必須の事項であると言えます。http://www.mec-c.com