不動産の登記所・法務局

不動産登記を一般の人が閲覧できるようなっているのが登記所です。登記所は、登記事務を取り扱っている役所という意味です。さらに具体的に分類をすると「法務局」「地方法務局」およびそれらの支局や出張所がそれにあたります。しかし、世間一般的な「登記所」という名称は主に「法務局」のことをさしているようです。
法務局で扱っているのは登記事務だけではなく、人権問題なども管轄となっています。登記事務ということで見れば、組織的には「法務局」は上記の中では最上位となる「本局」という位置づけになっています。法務局は主に全国都道府県の主要都市にあり、そこから支局や出張所が配置されています。「法務局」という名称は本局だけでなく支局や出張所のこともまるごと含んだ名称でもあります。
各法務局は管轄区域が定められており、管轄区内の不動産についての登記簿が保管されています。登記簿を閲覧し、調査したいと思うのであればまずはその目的となる物件がどの法務局の管轄区域にあるかを調べなくてはなりません。
最近では法務局もオンライン化が進んでおり、一部の法務局では他の管轄となっている法務局に保管されている登記簿の情報を見ることもできるようになっています。ですが、全国すべての登記簿を一カ所で閲覧ができるというところまでにはまだまだなっていません。法務局で閲覧ができるのは午前8時30分から午後5時15分までとなっています。昼休み時間は閲覧できない法務局もあります。

http://www.yours-evergreen.com/